エーレボ建築設計事務所

■住宅デザインの専門家■

建築雑学

しのぎ【建築雑学その5】

【しのぎ】

「しのぎを削る」

しのぎは「鎬」と書き、

刀の断面の背の部分の事ですが、

棟木のように、山形に削った形を示します。

しのぎを削るとは、両側を等しい傾斜に削ることで、

片一方を多く削ると他を削らなければならない事から、

両者が激しく争っている事を「しのぎを削る」

というようになったそうです。

桐の箪笥(タンス)は何故いいのか【建築雑学その4】

『桐の箪笥(タンス)は何故いいのか』昔から、タンスと
いえば桐が最高級品と相場が決まっています。

その理由の第一は火事に強いことにあります。

安政年間(1854〜60年)には江戸で大火事が
起こりました。

このとき、神田では山のように持ち出されたタンス
や長持が飛び火をかぶり、火の海になるという惨事に
なりました。

このときに桐でつくられたタンスは、外側は真っ黒に
焼け焦げても、中の衣類は無事だったのでその後、
江戸では桐のタンスが大流行したのです。

桐は内部に細かい空洞をたくさん持っているので熱伝導
が悪く、燃えにくいのです。

また、水をかけると水分を吸収して膨張して引き出しの
隙間をぴったりと閉ざして中の衣類を守ります。

因みにタンスの数の数え方って「ひとさお、ふたさお」
っていうんですよね。
*contact
ご相談はまずお電話にて!
(現在メール相談休止中です)

※メールでご連絡の際は、
ご氏名、住所、ご用件を
お忘れなくご記入下さい。


電話でのご相談は
048-967-3591へお願いします。

営業時間: 9:00〜18:00
定休日 : 毎週水曜日
プロフィール

a_revo_office