◆当事務所には専属のインテリアコーディネーターが在籍してます◆

今回から不定期ですが、インテリアなお話もブログにて掲載させていただきます。

※インテリアなお話※

□照明編

40Wと40形の違いって何?

以前、照明器具を表す単位と言えばW(ワット)でした。

電気屋さんで「40Wの電球をください」っていう風に。

現在は器具に‘形'と表記されてます。


なぜ?


W(ワット)の単位は明るさではではなく消費電力のことで、
以前は40Wの電球は消費電力がそのまま40Wでした。

しかし、現在は40Wの照明器具は消費電力が40W未満になってます。

技術努力で消費電力が抑えられて明るさはそのまま。

ということで、明るさが40W相当なので40形と書かれているんですね。

今では白熱電球、蛍光灯に続きLEDランプとより低消費電力の器具が出てきています。

技術の進歩って素晴らしいですね。